浴槽に段差があるお風呂リフォームのメリットとは?

浴槽に段差があるお風呂リフォームのメリットとは?

お風呂のリフォームを考えた際に浴槽についてどんな形にして深さはどのくらいにするのかを、悩む場合があります。
このため形や深さは生活の様式や住んでいる家族によって考えることが理想的です。
定番のストレート型は肩までしっかり湯に浸かりたい方にはおすすめで、家族の中に高齢者や子供がいる場合には掴み場所があるアーチ形がよいと考えられています。
中に段差がある場合にはそれを有効活用してゆっくり入浴をすることがメリットと言えます。
段差があれば高齢者の方が入浴しやすくなり、小さい子供がいる場合には腰掛に使うことで、ちょうどよい高さで湯舟に浸かることが可能になりますし、あるいは半身浴をして健康維持をしたい方でも段差部分に座ることで湯を減らさなくても半身浴ができます。
また段差があることで他のお風呂とは異なり、水の量を節約することができるし、少ない水を沸かすためのガスや電気も少なくて済みます。
段差ありの浴槽にリフォームすることで、メリットになる点が数多くあります。

お風呂リフォームでフラットタイプにするメリット

家を建ててから何年も経過すると所々に劣化が見られるようになります。
特に毎日使用する水回りの使い勝手の悪さや衛生面は気になるもの。
お風呂のリフォームを検討する際に、様々な条件や希望が出てきます。
浴槽には段差のないフラットタイプと段差のあるベンチタイプがあるため迷っている方もいるのではないでしょうか。
フラットの良さはベンチがない分お湯の量を必要としますが、たっぷりのお湯に肩まで浸かることができます。
足も伸ばすことができるため、ゆったりとバスタイムを過ごしたい方にピッタリです。
半身浴ができたり、子どもが座れるベンチがあった方が良いのではと思う方もいるかもかもしれません。
浴槽内で使用できる浴槽台を設置すればベンチの役割を果たせるため、家庭によってはフラットの方が使い勝手が良いことも。
リフォームの際はお風呂を使う人やどのようなバスタイムにしたいかなど、あらゆるシーンを想定して検討することがポイントです。